2013年06月11日

生物+PETボトル=??

先日ある大学のものづくりサークル様よりPETボトルの引き合いを頂きました。
大学?ものづくり??と思ったのですが、子供たち向けの学習イベントを開催しており、
次回、PETボトルとプランクトンを利用した学習キットを企画されていました。
家の子供たちの生物大好きっぷりを伝えると、学習キットが完成したら送って頂けるとのお言葉!
ものすごく楽しみです。

ここで豊かな羽咋の生物達をご紹介します!
まずはトンボ。
孵化したばかりの糸トンボです。
NCM_1378.JPG
こちらは羽黒トンボのヤゴ、成虫は羽が真っ黒です。
NCM_1376.JPG
オニヤンマのヤゴ。落ち葉が沢山落ちているどぶそ(羽咋弁で側溝のこと)にいました。
NCM_1317.JPG
サイズが半端なくデカい!
NCM_1315.JPG
こちらはカメノコテントウ。
NCM_1355.JPG
日本最大級のテントウムシで10mm以上あります!
羽咋駅前のお食事処みずはらさんの玄関にひっついてました。
NCM_1353.JPG
へたに触ると赤く臭い汁を出します。く、くさい…
気を取り直して爬虫類ゾーンへ
トカゲと呼んでいますが、正式にはカナヘビらしいです。
NCM_1290.jpg
暖かくなると、家の庭で日光浴しています。
アオダイショウやシマヘビも日光浴しています。毒は無いけど噛まれるとばい菌が入るので田舎の子の真似はくれぐれもしないで下さい!!
NCM_1276.JPG
羽咋の中心部から20分ほどで行ける碁石が峰(山です)にはボートや釣り、バーベキューが楽しめます。
NCM_1391.jpg
練り餌でブルーギルやフナ、鯉が釣れます!

なぜうちの子はこんなに生物大好きなのかなと不思議に思いますが、
自分も小学校の職員室に超巨大な生きたカブトガニが来た時のドキドキは今でも覚えています。
夏の生物シーズンがやってきます!
うちの子はキラキラの目で今年こそヘビトンボを見つけたいと言っていました。

posted by 王冠の匠 at 08:55| Comment(0) | 成形品・ペットボトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: